木望の森に
参加する

contactお問い合わせ

木望の森づくり課

0778-44-8002

平日の午前8時30分から午後5時15分

situation 池田の森林の状況

situation池田の森の様子

森を守り育てることは、
次世代へ町をつなぐこと

日本海に面する福井県でも、内陸に位置し、山々に囲まれている町が池田町です。
人口およそ2500人の小さな町は、面積の92%が森林という、森の町です。
わたしたちの暮らしには、森からたくさんの恵みが与えられています。豊かな森から流れ出る水、
山で採れる山菜やきのこ、薪など、必要なものは何でも「山からいただく」ことができます。
中でも、スギの人工林は、池田町の森の半分を占めるまでに広がっており、
ここから多くの木材を生産してきました。
しかし今、手入れされず、放置されたままになっている森がたくさん出てきています。
木材が使われない時代になり、木の価格が下がってしまったため、
林業を生業とする人が減ってしまったことが原因です。
人が手入れをしなくなった森は、ひょろ長の木が密集した暗い森になり、
根が張らないので風雨で倒れるなど、災害を招きやすくなってしまいます。多様な草木が生い茂っている森では、
草木が雨を受け、水がゆっくり土にしみこみますが、水を保持する力が弱い森は、集中豪雨で降った雨が地表を
流れてしまうため、一気に川の水があふれてしまい、下流の災害につながってしまいます。
池田町を流れる足羽川は、日本海へつづく一級河川です。上流域の町として、山を育て続けることは、福井の暮らしを守り、豊かにするための大切な役割です。この豊かな森の資源を持続させるため、森に入り、木に触れることを通じて、山を育て、山から必要なだけ恵みを得ながら、豊かに暮らす池田町をつくっていきます。

forest data森林データ

○森林面積
17,822ha(森林率92%)
○民有林
15,602ha(町有林664ha含)
○国有林
2,220ha
○人工林率
51%
○蓄積量
391.8万㎥

see by number数字でみる池田の森

森林所有者数
1970
林産業従事者
29
製材工場
1
素材生産量(年間)
10000
製材加工量(年間)
600

accumulation森林の蓄積と利用状況

年間成長量

池田町の持続的な木材利用可能量は年間約5万㎥あります。

未利用の課題

現在ほとんど未利用であり、そのポテンシャルは43,528㎥あります。

カスケード利用状況

グレードの高いA・B・Cの等級によって用途を分けています。

域外へ流出

搬出された木材のほとんどは域外へ流出しています。

contactお問い合わせ

木望の森づくり課

0778-44-8002

平日の午前8時30分から午後5時15分